不動産会社は相性よりも「納得」できるかの方が重要?

不動産会社選びは「相性」が大事だと良く言われます。

確かにそうなのですが、それだけでは、足りないような気もするんです。

 

相性ももちろん大事なのですが、それよりも「納得」できるかどうかのほうが重要なのではないかと思います。

それはなぜなんでしょうか?

 

相性が良いだけで家は売れるのか?

相性が良いというだけで家は売れるんでしょうか?

 

もちろん、相性が良いに越したことはないのですが、それイコール家が売れるとは限りません。

最終的には売れるとは思いますが、希望した価格で売れるかは別問題ということです。

 

売り出し価格は重要です

家の売却において、売り出し価格というのはとても重要です。

 

最初に3000万円で売り出したものが、次の週には2000万円とか4000万円に価格変更されていたらどうでしょうか?

そして、ずっと価格変動し続けていたら?

 

「いったいいくらで売りたいんだ!?」とか「なんか信用できないなあ」と思われてしまうかもしれません。

 

家というのはパッと買えるわけではありません。

購入を検討している間に価格変動していたらどうなるでしょうか?

 

「あ、買おうと思っていたのに値上がってる。。」という事にもなりかねません。

 

また、価格を統一することが難しくなるという問題もあります。

チラシでは3000万円なのに、スーモでは2500万円になってるとかですね。

 

それこそ「なんか信用できないなあ」と思われてしまいます。

なので、一度売り出したら、価格はそう簡単には変更できないと思っておいたほうがいいです。

 

その査定額には根拠があるでしょうか?

基本的には査定額がそのまま売り出し価格になります。

3000万円の査定額であれば、売り出し価格は3000万円になります。

 

でも、本当に3000万円でいいんでしょうか?

その査定額には根拠があるでしょうか?

 

相性が良いというだけで査定額を鵜呑みにしてしまったなら?

多くの人は、1番高い査定額をだしてきた不動産会社に仲介をお願いする傾向があります。

家を売るならできるだけ高く売りたいですからね。

 

そして、不動産会社の担当者との相性も良ければ、その査定額が妥当なのかという疑問はあまり持たないかもしれません。

「この人(担当者)が3000万円で売れると言っているんだからきっと売れるんだろう」って思うかもしれません。

 

後になって値下げの提案をされるかもしれません

良くあるのは、後になって値下げの提案をされるというパターンです。

「どうやら相場が落ちてきていて3000万円で売るのは難しいかもしれません。2500万円に値下げしませんか?」という感じです。

 

そう言われると「そんなものかなあ」と納得してしまうかもしれません。

特に、担当者との相性が良い場合には、疑問も持たずに信じてしまうかもしれません。

 

その値下げは計画的なもの?

実は、値下げが計画的におこなわれることって少なくありません。

査定額をわざと高くしておいて、後で値下げをするというパターンです。

 

なぜ、そんなことをするんでしょうか?

 

それは、あなたと媒介契約を結びたいからです。

多くの人は1番査定額が高い不動産会社と媒介契約を結びますよね。

 

不動産会社もそのあたりのことは承知しています。

なので、媒介契約のためにわざと査定額を高くするということをおこなったりします。

 

「実際に売れそうな価格は2500万円だけれども、査定額は3000万円にしておこう」とかですね。

 

他の不動産会社にお願いしたほうが高く売れたかもしれません

値下げが計画的なものであれば、本当は他の不動産会社にお願いしたほうが高く売れた可能性がでてきます。

 

例えば、2700万円の査定額を提示してきた不動産会社があったとします。

もしかしたら、その価格で売れたのかもしれません。

 

値下げに応じた場合には2500万円で売ることになります。

 

一体、どっちの方が良かったんでしょうか?

 

本当にその査定額で売れるか「納得」できるか?

査定額や担当者との相性ももちろん大事です。

でも、もっと大事なのは「その査定額で売れるのか?」という部分だと思います。

 

相性が良いからといって、担当者に任せっきりにすると、後になって値下げすることになるかもしれません。

そうならないためにも、査定額の根拠はしっかりと聞いておく必要があります。

 

納得できるかどうかが重要です。

「この人がそう言うのであれば」ということにはならないように注意したほうがいいかもしれません。

 

納得するためにも、自分でもある程度相場を知っておくということも大事になってきます。

 

まとめ

というわけで、不動産会社は相性よりも「納得」できるかの方が重要なのかというお話をしました。

 

相性が良いから家が売れるとは限りません。

希望の価格で売れないこともあります。

 

家の売り出し価格というのは重要です。

基本的には査定額がそのまま売り出し価格になりますが、その査定額には根拠があるでしょうか?

 

不動産会社によっては、わざと査定額を高くしてくることがあります。

1番査定額を高くして、あなたと媒介契約を結びたいからです。

 

もしそれで家が売れなければ値下げすればいいと考えていることも多いです。

 

値下げしなければいけないのであれば、他の不動産会社の方が高く売れた可能性だってあります。

 

なので、不動産会社というのは査定額や担当者との相性も大事なのですが、その査定額に「納得」できるかという方が大事かもしれません。

相性が良いというよりも、きっちりと査定額の根拠を教えてくれる担当者の方がいいかもしれませんよ。

 

そして、自分でもある程度の相場を知っておくことが大切です。

 

関連記事:不動産の査定額が高いか安いかはどうやって判断する?

関連記事:不動産査定はどこの不動産会社にお願いするのがいい?

関連記事:家の売却価格の相場を自分で調べるにはどうすればいい?

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。