任意売却を親子間売買でおこなうことは可能でしょうか?

住宅ローンを支払えなくなると、家が競売にかけられたり、任意売却しなければいけなくなります。

どちらにしても、今住んでいる自宅に住み続けることは困難です。

 

でも、親や子供などの親族に自宅を買い取ってもらうことで住み続けるという方法があります。

実際のところ、任意売却での親子間売買というのは可能なんでしょうか?

 

不可能ではありません

結論から言うと、不可能ではありません。

実際、任意売却で親子間売買をおこなっている例はあるようです。

 

でも、それほど簡単なことではないと思います。

だからこそ、「不可能ではない」という表現になります。

 

「可能です」とはなかなか言いづらいものがあるんですね。

 

でも、現金一括で買えるでしょうか?

家の売買をおこなうとなると、数千万円というお金が動くことになります。

かなり大きなお金ですね。

 

そんなお金を現金一括で用意することはできるでしょうか?

 

親か子供に家を買ってもらうとして、現金一括で買ってもらうことができる家庭というのはそれほどないと思います。

そもそも、そんなことができるのであれば、住宅ローンを滞納するという可能性は少ないはずです。

 

「住宅ローンが払えない?仕方ないから少しお金を貸してあげるよ」ということになるのではないでしょうか?

でも、それができないから任意売却をしなければいけないことになります。

 

ハードルは住宅ローンが使えるかどうか

家を現金一括で買えない場合、当然のことながら住宅ローンを利用することになります。

 

任意売却で親子間売買をおこないたい場合、この住宅ローンが一番のハードルになります。

 

親子間売買の場合には住宅ローンが使えない?

実のところ、親子間売買では住宅ローンが使えないことが多いです。

少なくとも、大手の都市銀行では使えないはずです。

 

というのも、親子間売買というのは、金融機関からしてみればちょっと不自然な取引だからです。

特に、子供が親の家を買うという場合には警戒されると思います。

 

だって、「わざわざ売買をおこなわなくても相続でいいんじゃないですか?」って思ってしまいますよね。

時間が経てば自然とその家は親から子供に所有権が移ります。

 

それなのに、売買をおこないたいということは、なにか特別な理由があるのではないかと考えるんですね。

 

親子間の場合には、家の所有権が誰にあったとしても、ある程度融通が効きます。

「この家は私のものだけどお前が使ってもいいよ」とかですね。

 

わざわざ売買をおこなってまで所有権移転することは少ないのではないでしょうか。

 

任意売却のときに親子間売買を望む人がいることも、当然のことながら金融機関は把握しています。

でも、金融機関からしてみれば、それはリスクの高い融資になるんですね。

 

使えたとしても金利は高くなります

大手の都市銀行では難しいですが、親子間売買でも住宅ローンを使える金融機関はあります。

数は少ないですけどね。

 

そして、自分で見つけることはかなり難しいかもしれません。

親子間売買の実績のある不動産会社や司法書士事務所にお願いするのがいいと思います。

 

でも、金利が高くなることは避けられないと思います。

 

というのも、親子間売買というのは金融機関からしてみればリスクの高い融資だからです。

親が住宅ローンを利用して子供の家を買うのはいいのですが、その親はもう定年間近な可能性もあります。

 

ヘタをすればすでに年金生活になっている可能性もあります。

それでも、住宅ローンを使えることがあるのは、リースバックという仕組みを利用するからです。

 

例えば、親が子供の家を買ったとします。

そうしたら、その買った家を子供に賃貸として貸すんですね。

 

そうすれば、家の所有権は移転するけれども、子供はその家に住み続けられることになります。

そして、親も、その家賃で住宅ローンを返済することができます。

 

結局、住宅ローンを返済し続けることには変わりありません

任意売却を親子間売買でおこなうことはできます。

そうすれば、その家に住み続けることはできます。

 

でも、結局のところ家賃として住宅ローンを返済しつづけなければいけないことには変わりありません。

そして、もっと言えば、今まで払っていた住宅ローンの額よりも高くなることの方が多いです。

 

だって、親が住宅ローンを借りるとなると金利が高くなってしまうんですから。

その分は家賃に上乗せされることになります。

 

そこらへんは親子間だからといって融通は効かせられません。

だって、親だって住宅ローンを返済しなければいけませんから。

 

まあ、親がいくらかの自己資金も使って住宅ローンを利用する場合はその限りではありませんが。

 

安定した職を見つけられるかがカギです

親子間売買できたとしても、家賃としてお金を支払い続けていく必要はあります。

家賃を滞納してしまったら、今度は親が任意売却しなければいけないことになります。

 

結局のところは、その家に住み続けるということができなくなってしまいます。

 

なので、親子間売買を上手くいかせるためのもうひとつのハードルは、「安定した職を見つけられるか?」というところになります。

家賃を支払えないという事態にはならないような安定した職を見つける必要があります。

 

まとめ

というわけで、任意売却で親子間売買をおこなうことは可能かというお話をしました。

 

不可能ではありません。

でも、現金一括で家を購入することはできるでしょうか?

 

もしできないのであれば、住宅ローンを利用することになります。

でも、基本的に親子間売買の場合には住宅ローンというのは使えないことが多いです。

 

少なくとも大手の都市銀行では使えません。

 

また、その他の金融機関で住宅ローンが使えたとしても金利は高くなります。

 

そして、親子間売買をおこなったとしても、リースバックという仕組みを利用することになるので、あなたは親族に家賃を支払い続ける必要はあります。

言ってみれば、住宅ローンを返済し続けるということには変わりはありません。

 

そういった意味で、親子間売買を上手くいかせるためには、あなたが安定した職を見つけられるかというのがカギになってきます。

 

関連記事:家を親族間売買するときの適正価格はどれくらい?

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。