不動産鑑定士に自宅の評価をお願いすると費用はどれくらいかかる?

親族間で家の売買をおこなうときは、贈与税がかかってしまうことがあります。

あまりにも安い価格で売買すると、本来の価格との差額を贈与とみなされてしまうんですね。

 

そこで、不動産鑑定士に家の評価をお願いするという選択肢もでてきます。

不動産鑑定士に自宅の評価をお願いすると費用はどれくらいかかるんでしょうか?

 

都心部に近ければ30万円以上はかかります

おそらく、最も需要が多いであろう、都心部に建つ家の場合は、最低でも30万円はかかります。

 

不動産鑑定士の費用というのは、不動産の評価額によって変わります。

評価額が高いほどに費用も高くなるんですね。

 

都心部の場合、土地の値段が高いです。

世田谷区や杉並区、山手線の外側の住宅地であっても、土地だけで5000万円するということはザラです。

 

不動産鑑定士の費用は、評価額が5000万円を超えるとだいたい費用が30万円以上になってきます。

 

郊外でも20万円はかかります

じゃあ、郊外はどうなのかというと、郊外でも20万円ほどはかかると思います。

 

というのも、不動産鑑定士の費用は不動産の評価額によって変わるとはいえ、最低ラインというものがあります。

その最低ラインが20万円弱ほどなんですね。

 

評価額が500万円ほどの不動産であっても、費用は20万円近くはかかるということです。

500万円の不動産に対して20万円の費用というのはちょっと割高に感じますね。

 

3000万円の評価額でだいたい費用は25万円前後になると思います。

 

1億円台の家なら50万円前後かかります

1億円台の家の場合はどうなるでしょうか?

都心部の特に中心部であれば、土地だけでも1億円超えというのはザラにあります。

 

土地はそれほどには高くなくても、広い家や、素材にこだわった家を建てるとなると、建物の評価額と合わせて1億円を超えるということはあります。

 

1億円台の家の場合には、費用は50万円前後になります。

1億円であっても、1億9000万円であっても50万円台だと思います。

 

結構意外じゃないですか?

「1億円の家で費用が50万円なら、1億9000万円なら100万円近くなるんじゃないか?」と思っても不思議じゃないと思います。

 

それがそうはなりません。

1億円以上の評価額になってくると費用の上昇率は緩やかになってきます。

 

どんなに高くなっても100万円かかることはないと思います

自宅の評価をお願いして、100万円以上の費用を請求されるということはまずないと思います。

どんな豪邸と呼ばれる家であったとしても100万円を超えることはないと思います。

 

まあ、絶対ないとは言い切れないですけどね。

例えば、評価額が10億円超えの豪邸とかの場合です。

 

10億円超えの豪邸に住んでいる人は日本にどれくらいいるでしょうか?

例え、10億円ほどの豪邸であっても、費用は100万円ほどになります。

 

ちなみに5億円の豪邸の場合には、費用は80万円ほどです。

 

不動産鑑定士の評価額で売れるというわけではありません

不動産鑑定士に自宅の評価をお願いすると、評価額をだしてくれます。

「あなたの家には5000万円の価値があります」という感じですね。

 

でも、だからといって、その額で家を売れるというわけではないんです。

不動産鑑定士がだしてくれる評価額と、市場の実勢価格というのは別ものです。

 

例えるならば、株みたいなものです。

 

株価って毎日のように変動していますよね。

そんな株価なのですが、株価そのものに価値があると思いますか?

 

実のところ、株価そのものには価値というのはありません。

株の本当の価値というのは、株式会社そのものにあります。

 

会社の社屋とか、事業の価値とか、人材とか、知的財産とか、そういったものすべてを、株の数で割ったものが本当の価値というものなんです。

 

そして、その価値と株価というのは同じにならないことが多いです。

実際の価値よりも株価の方が高かったり低かったりとかですね。

 

家の場合も同じです。

 

不動産鑑定士が評価してくれるのは株でいう実際の価値の方です。

実勢価格がいくらになるのかはまた別問題なんですね。

 

まとめ

というわけで、不動産鑑定士に自宅の評価をお願いすると費用はどれくらいになるのかというお話をしました。

 

都心部に近い住宅であれば、30万円ほどの費用になると思います。

評価額が5000万円とか6000万円とかになりそうな地域ですね。

 

郊外の場合には20万円ほどの費用になると思います。

評価額が1000万円から4000万円ほどになりそうな地域です。

 

ちなみに、1億円の家の場合でも費用は50万円ほどになります。

 

そして、個人宅で費用が100万円を超えるということはまずないと思います。

10億円の豪邸でだいたい100万円になります。

 

ちなみに、不動産鑑定士の評価額というのは、市場の実勢価格とは違います。

その価格で売れるというわけではないので注意しましょう。

 

関連記事:家を親族間売買するときの適正価格はどれくらい?

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。