広告掲載不可にしている不動産会社があるのはなぜか?

買主を見つけるための広告を禁止することを「広告掲載不可」と言ったりします。

 

広告掲載不可にされると他社は広告をだすことができません。

より多くの人に家が売りにでていることを知ってもらえれば、家が売れる可能性は高まります。

 

なので、他社にも広告掲載してもらったほうがいいはずなんです。

でも、広告掲載不可にする不動産会社もあります。

 

それはなぜなんでしょうか?

 

仲介手数料を2倍にしたいからです

結論から言えば、仲介手数料を2倍にしたいからです。

広告掲載不可にすることは、仲介手数料を2倍にすることにつながるんですね。

 

仲介手数料というのは基本的には売買価格の3%です。

4000万円の売買であれば仲介手数料は120万円になります。

 

宅建法によって仲介手数料の上限は3%と決められているので、これ以上は請求することができません。

でも、仲介手数料を2倍にする方法があるんです。

 

売主だけじゃなく、買主からも貰いたい

それは、買主からも仲介手数料をもらうことです。

 

仲介手数料というのは売主だけが支払うものじゃありません。

買主も支払います。

 

媒介契約を結んだ不動産会社に支払います。

 

売主と媒介契約を結んでおいて、さらに、買主とも媒介契約を結ぶことになるのであれば、売主と買主の両方から仲介手数料が得られることになるんですね。

 

仲介手数料は2倍になります。

 

他社に買主を見つけられると買主からはもらえません

広告掲載OKの場合、他社が買主を見つける可能性があります。

 

他社が買主を見つけた場合は、当然のことながら買主は他社と媒介契約を結びます。

買主からの仲介手数料は他社に支払われます。

 

なので、広告掲載不可にします

そうなるのが嫌なので、広告掲載不可にするんですね。

 

広告掲載不可にしておけば、他社はスーモやホームズなどの不動産ポータルサイトに広告を掲載することができません。

その他の広告媒体へも広告できません。

 

広告をだすことができるのは自社だけです。

自社で買主を見つけられる可能性も高まりますよね。

 

広告掲載不可にしておいて家が売れなかったら?

でも、広告掲載不可にしておいて、家が売れなかったらどうなるんでしょうか?

 

自社だけで広告をだすのはいいのですが、それでも買主が見つからないという可能性もあります。

広告費の予算が尽きて広告がだせないという事態になることもあります。

 

はたまた、意図的に広告をださないという不動産会社もあるかもしれません。

ともあれ、家が売れない場合にはどうするんでしょうか?

 

値下げの提案には要注意です

そんなとき、不動産会社は値下げの提案をしてくることが多いです。

「どうも相場が落ちてきているようなので値下げをしなければ売れないかもしれません」とか提案してくる可能性があります。

 

「そんなものかな〜」としぶしぶ値下げに応じる売主も少なくないですが、要注意です。

家が売れないのはその不動産会社が広告掲載不可にしているからかもしれないんです。

 

なので、値下げの提案をされたのであれば、不動産ポータルサイトに広告は掲載されているかを必ずチェックしてみましょう。

そして、広告掲載不可にされていないかを確認してみてください。

 

まとめ

というわけで、広告掲載不可にしている不動産会社があるのはなぜかというお話をしました。

 

仲介手数料を2倍にしたいからです。

家の売却を依頼された不動産会社は、基本的には売主から仲介手数料をもらいます。

 

でも、自社で買主も見つけた場合には、買主からも仲介手数料をもらうことができます。

仲介手数料が2倍になります。

 

もし、他社が買主を見つけてしまった場合、買主の仲介手数料は他社にわたります。

なので、その可能性を低くするために広告掲載不可にするんですね。

 

ちなみに、広告掲載不可にすると、当然のことながら家は売れにくくなります。

 

そんなとき、値下げの提案をしてくる不動産会社があります。

そんなときには要注意しましょう。

 

広告掲載不可にされていないか確認してみてください。

 

関連記事:不動産会社はどうやって買主を見つけるんでしょうか?

関連記事:値下げをしないと家の売却ができないと言われたら?

関連記事:媒介契約後に売主にできることは何も無いんでしょうか?

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。