広告が上手な不動産会社はどうやって見抜くのか?

不動産会社は買主を見つけるために広告を利用します。

インターネット広告やチラシなどですね。

 

不動産会社によって、広告の使い方の上手下手があります。

家を売るなら広告が上手なところにお願いしたいですよね。

 

広告が上手な不動産会社というのはどうやって見抜くことができるんでしょうか?

 

どうやって買主を探すのか聞いてみましょう

直接会う機会があるのであれば、聞いてみるのがいいと思います。

家の売却を依頼することになったのであれば、どうやって買主を探すつもりなのかをです。

 

その答えによって、その不動産会社が広告上手かそうでないかを判断することができます。

 

他社にも広告を手伝ってもらうのが上手な不動産会社です

もし、答えの中に「他社」という言葉が入っていたのであれば、その不動産会社は広告が上手な可能性が高いです。

 

「他社にも手伝ってもらって買主をみつけるために広告展開していきます」という答えがベストです。

 

必ずしも自社で買主を見つける必要はありません

実のところ、買主というのは必ずしも自社で見つける必要はないんです。

 

このことをしっかりと理解していない人は多いです。

 

「家の売却を依頼した不動産会社が買主を見つけるんじゃないの?」と思うかもしれません。

確かに、そうなることも多いです。

 

でも、他社が買主を見つけることも多いんです。

他社が買主を見つけるための広告をしたっていいんですね。

 

他社にも手伝ってもらえれば、より多くの広告媒体に広告をだせます

買主を見つけるための広告媒体は色々とあります。

インターネットであれば、スーモ、ホームズ、アットホーム、ヤフー不動産などその他にも色々とあります。

 

紙媒体であれば、新聞の折込チラシとか、ポストに直接投函するポスティングなどがあります。

違法ですが、電柱に看板が貼られていることもありますよね。

 

こういった広告媒体すべてに1社だけで広告をだすことは不可能に近いです。

使える広告費は限られていますからね。

 

まあ、赤字になってもいいのであれば可能かもしれませんが。

 

なので、広告媒体すべてを網羅するためには、他社にも手伝ってもらう必要があるんです。

 

例えば、アットホームには自社で広告をだすけれども、スーモにはA社に、ホームズにはB社に広告をだしてもらうということができます。

 

買主が見つかりやすくなるということ

言ってみれば、他社にも協力してもらえれば、買主が見つかりやすくなるということです。

 

もし、自社だけでアットホームにしか広告をださないのであれば、スーモやホームズにアクセスする人は、あなたの家が売りに出ているということに気がつくことができません。

でも、他社にスーモやホームズにも広告を出してもらえるのであれば、買主が見つかる可能性は高くなるということです。

 

広告が上手というのはこういうことなんですね。

 

いや、正確に言えば、広告のキャッチコピーの付け方とか、広告をだすタイミングとか、広告が上手か下手かの基準というのはあります。

でも、だすべき広告媒体にきちんと広告をだせるということの方が大事です。

 

まとめ

というわけで、広告が上手な不動産会社はどうやって見抜くのかというお話をしました。

 

不動産会社の人に直接聞いてみてください。

どうやって買主を見つけるのかについてです。

 

その答えの中で、他社にも広告を手伝ってもらうという内容が含まれているのであれば、その不動産会社は広告が上手だと言えます。

 

買主というのは、必ずしも自社で見つける必要はないんです。

他社が買主をみつけたっていいんです。

他社が広告をだしたっていいんです。

 

買主をみつけるための広告媒体というのはたくさんあります。

1社だけでそれらの広告媒体を網羅することは不可能に近いです。

 

でも、他社にも広告を手伝ってもらえるのであれば、より多くの広告媒体を網羅できます。

結果的に、買主が見つかりやすくなります。

 

関連記事:不動産会社はどうやって買主を見つけるんでしょうか?

関連記事:媒介契約を結ぶ不動産会社はどうやって選ぶのがいい?

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。