法22条区域で木造3階建てを建てるのに規制ってあるんでしょうか?

準防火地域で木造3階建てを建てようとすると、「技術的基準」に適合した建築物にする必要があります。

2階建てなら防火構造でいいのですが、3階建てだと構造材に耐火材を使うことが求められてきます。

 

22条区域に木造3階建てを建てるときにも、なにか条件が変わるんでしょうか?

 

準防火構造さえ満たせば木造3階建ても建てられます

22条区域では「準防火構造」を満たす必要があります。

お隣の家が火事になったとしても、20分は巻き添えにならないでいられる構造です。

 

具体的には、外壁と軒裏に不燃材を使います。

 

22条区域の場合、それは木造3階建てでも変わりません。

準防火構造さえ満たせば建てることができます。

 

ただし、家の高さに要注意です

木造3階建てでも準防火構造さえ満たせばいいのですが、家の高さには要注意です。

 

というのも、22条区域としての規制はないのですが、建物の規模に対する規制というのが建築基準法21条に定められているからです。

防火地域だからとか、準防火地域だからとか、22条区域だからとか、関係ありません。

 

日本で建てられるすべての建築物に適用される規制です。

 

13メートルを超えるなら準耐火建築物にしなければいけません

家の高さが13メートルを超えてしまうと、建築基準法的には大規模な建築物として扱われます。

そして、耐火構造や準耐火構造が求められるようになるんですね。

 

家の高さが13メートル以上で、3階建て以下の場合には、準耐火建築物として建てることが求められます。

 

準防火地域に木造3階建てを建てるときよりも微妙に規制が強くなります。

準防火地域で木造3階建てを建てる場合には「技術的基準適合建築物」にする必要があります。

 

準耐火建築物の場合には、外壁と軒裏も準耐火仕様にしなければいけません。

でも、技術的基準適合建築物の場合には、外壁と軒裏は防火仕様でもいいんです。

 

22条区域の方が規制がゆるいはずなのに、家の高さが13メートルを超えると、準防火地域よりも規制がきびしくなります。

ちょっとした逆転現象ですね。

 

ちなみに、普通に建てるのであれば木造3階建てで家の高さが13メートルを超えるということはあまりないと思います。

だいたい12メートルぐらいになるのではないでしょうか。

 

でも、天井高を高くしたいとか、屋根の傾斜を強くしたいとか思うと超える可能性がでてきます。

 

軒高が9メートルを超える場合でも同じです

制限は家の高さだけではありません。

軒高に関しても制限があります。

 

軒高の場合は9メートル以上になると、準耐火建築物として建てなければいけなくなります。

軒高というのは、道路から屋根を見上げたときに見える、屋根の裏の部分までの距離のことです。

 

軒高に関してもも、一般的な階高で家を建てるのであれば、9メートルは超えないと思います。

 

ただ、家の高さと同じで、それほど余裕があるというわけではないですけどね。

各階通常よりも50センチ天井高を高くしたいとか思うと、9メートルを超えてしまいます。

 

構造材に耐火材を使う必要があります

準耐火建築物として家を建てる場合には、構造材に耐火材を使う必要がでてきます。

耐火材というのは、火事が起きたとしても、構造材としての機能を失わない材料のことです。

 

火事が45分間続いたとしても、構造材として機能することができるということですね。

 

木材って燃えやすいように思いますが、実のところ、燃え尽きるまでには結構時間がかかります。

柱や梁の場合は特にそうですね。

 

なので、火事が45分続いたとしても、燃えるのは柱や梁の表面の数センチです。

残った部分で構造を支えられるのであれば、それは耐火材として認められます。

 

なので、もし、家の高さが13メートルを超えたり、軒高が9メートルを超えたりする場合には、普通よりも太めの柱や梁を使う必要がでてくるということですね。

 

まとめ

というわけで、22条区域で木造3階建てを建てるのに規制はあるのかというお話をしました。

 

3階建てだからという規制は特にありません。

準防火構造さえ満たしていれば、2階建てと同じように建てることができます。

 

ただ、家の高さが13メートルを超えたり、軒高が9メートルを超える場合には注意です。

 

22条区域だからということではなく、日本のどこに家を建てたとしても、準耐火建築物として建てる必要がでてきます。

 

関連記事:準防火地域で木造3階建ての家を建てることはできる?

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。