1番査定額の高い不動産会社と媒介契約を結ぶべき?

家を売る時には、複数の不動産会社に家の査定をお願いすると思います。

 

でも、各社の査定額がすべて同じになるということはまずないと思います。

思っていたよりも高い査定額を提示してくるところもあれば、低い査定額を提示してくるところもあるのではないでしょうか?

 

家を売るとなると、不動産会社と媒介契約を結ぶことになります。

単純に、1番高い査定額を提示してきた不動産会社と媒介契約を結ぶのがいいんでしょうか?

 

本当にその価格で売れる?

1番高い査定額を提示してきた不動産会社と媒介契約を結んだところで、本当にその価格で売れるでしょうか?

 

ほとんどの場合には、査定額がそのまま売り出し価格になります。

例えば、査定額が3000万円なら、3000万円で売り出すことになることが多いです。

 

「不動産会社がこの査定額を提示してきているんだから、この価格で売れる可能性があるということだよね?」と思うかもしれません。

でも、本当にその価格で売れるでしょうか?

 

わざと高めの査定額になっていることがあります

実のところ、わざと高めの査定額を提示する不動産会社というのは少なくありません。

例えば、実際に売れそうな価格というのは2500万円なんだけれども、わざと3000万円の査定額にしておくとかですね。

 

「実際のところは2500万円でなんとか売れそうな感じだけれども、査定額は3000万円にしておくか」という感じですね。

 

多くの人は1番査定額の高いところに決めるからです

なぜ、そんなことをするのかというと、多くの人は査定額が1番高い不動産会社と媒介契約を結ぶ傾向があるからです。

心当たりはないでしょうか?

 

やっぱり、査定額が高いと気分が上がりますよね。

「おっ、こんな価格で売れるのか!?」という感じで。

 

となると、その不動産会社と媒介契約を結びがちです。

不動産会社もそのことを知っているんですね。

 

売るよりも媒介契約の方が大事?

誤解を恐れずに言えば、不動産会社にとっては家を売却することよりも、売主と媒介契約を結ぶことの方が大事なんです。

とりあえずはですね。

 

媒介契約を結んだ後は、実際に家が売れるように売却活動をしていきます。

 

でも、媒介契約を結べないことには売却活動すらおこなうことができません。

仲介手数料が得られる見込みがないですからね。

 

なので、まずは、売主と媒介契約を結ぶために、わざと高い査定額を提示することがあるんです。

 

後から値下げを提案してくることが多いです

わざと高い査定額にしているので、実際に売り出してもなかなか買い手は見つかりません。

相場よりもだいぶ高めの価格にしているので当然なんです。

 

でも、家を売らないことには不動産会社は仲介手数料を得ることはできません。

 

で、どうするのかというと、値下げの提案をしてくるんですね。

「どうも相場が下がってきているので、値下げをしなければ売るのは難しいかもしれません。。」といった具合ですね。

 

特に相場が下がっていなくても、なにかしらの理由を作って値下げをさせようとします。

わざと査定額を高くした分、なんとかして値下げしてもらわないと売れる可能性が低くなります。

 

結局、その他の不動産会社の査定額と同じか、それよりも安く値下げしなければいけないことになります。

 

大事なのは実際にその価格で売れるのかどうかです

なので、大事になってくるのは実際にその査定額で売れるのかということです。

 

「実際に売れると思っている価格が査定額になるんじゃないの?」と思うかもしれません。

でも、もうお話した通り、そうじゃないことも少なくありません。

 

査定額の根拠に納得できるかどうかです

なので、大事なのは、査定額の根拠に納得できるかどうかです。

そして、もっと大事なのは、自分でもある程度は自分の家の査定がができるようになることです。

 

「そんなの不動産会社じゃないとできないよ」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

少なくとも、ある程度は個人でも査定をすることができます。

 

特に、土地の価格を自分で調べることはそれほど難しいことじゃありません。

 

そうして、自分で自宅を査定してみた上で、不動産会社の人に、査定額の根拠を聞いてみてください。

 

まとめ

というわけで、1番査定額が高い不動産会社と媒介契約を結ぶべきかどうかについてお話しました。

 

不動産会社の査定額で実際に家が売れるとは限りません。

わざと高めの査定額になっていることがあるんですね。

 

なぜかというと、多くの人は査定額が1番高いところと媒介契約を結ぶからです。

 

不動産会社にとっては、家を売ることよりも媒介契約を結ぶことの方が大事になってきます。

特に最初はです。

 

でも、わざと査定額を高くしているので、媒介契約を結んで売り出してもなかなか売れません。

そうなると、値下げを提案してくることがほとんどです。

 

結局、その他の不動産会社の査定額とほとんど変わらない価格か、それ以下で売ることになりかねません。

 

なので、大事なのは、その査定額は実際に売れそうな価格なのかということを知ることです。

自分でも、ある程度は自宅の査定ができるようになることです。

 

その上で、不動産会社の人に査定額の根拠を聞いてみてください。

 

関連記事:家の売却価格の相場を自分で調べるにはどうすればいい?

関連記事:媒介契約を結ぶ前に確認するべき2つのポイントとは?

関連記事:不動産会社は「接客サービス」で選ばないほうがいい?

関連記事:不動産会社はブランド力で選んだほうがいい?

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。