相続した家が違法建築だったらどうするのがいいんでしょうか?

日本は世界一の高齢化社会です。

親の家を、子供が相続するということもどんどんと増えています。

 

でも、もし、相続した家が違反建築(違法建築)だったとしたらどうなんでしょうか?

 

どうするのがいいんでしょうか?

 

住み続けるのなら問題ないことが多いです。

相続した家に、

そのまま住むのであれば問題ないことが多いです。

 

違法建築であったとしても、

親はずっとその家に住んでいたんですよね?

 

その状態で特に問題が起こらなかったのだとすれば、

あなたがその家に住んでも問題は起こらない可能性が高いです。

 

違法建築だからといって是正命令がくだることは稀です。

というのも、違法建築だからといって、

行政から是正命令がくだることは稀だからです。

 

「その家は違法建築だから取り壊しなさい」

 

とかいう命令がくだることは稀なんです。

 

仮に、近所の方があなたの家が違法建築だからといって行政に苦情をいれても、

行政は積極的には是正命令をくだしたがりません。

 

というのも、違法ですが家はすでに完成してしまって、

実際に住んでしまっているからです。

 

建築中とかなら建築基準法違反で対応することができるのですが、

家が完成して住んでしまっているとなると、

今度は建築基準法じゃなくて民法の問題になってくるからです。

 

財産権が絡んでくるのでむやみに手出しできないんですね。

 

実際、違法建築だからといって取り壊しの命令がくだった実例はほとんどありません。

 

実際に取り壊し命令がくだったのは、

傾きマンションで問題になったパークシティLaLa横浜ぐらいなんじゃないでしょうか。

 

問題になるのは売却したい時です。

実際のところ、

問題になるのは売却したい時です。

 

違法建築だからといって売却することができないということはありません。

 

きちんと違法建築であることを買主に伝えて、

納得の上での売買であれば問題はありません。

 

違法建築には住宅ローンは使えません。

ただ、違法建築の場合には住宅ローンを利用することができません。

 

家を気に入ってくれて買いたいという人が現れても、

住宅ローンを使って購入することができないんですね。

 

金融機関は違法建築に対して融資をしないんです。

 

現金一括で購入してもらう必要があるということ。

なので、もし、違法建築の家を売ることになるのであれば、

現金一括で購入してもらうことになります。

 

現金一括で家を購入できる人ってなかなかいないですよね。

 

地主などの資産家や、会社経営者、法人などに買主が限られます。

 

買主が限られるということは、

あまり高く売ることは見込めないということでもあります。

 

家は欲しい人が多いほど高く売れますからね。

 

その反対に、欲しい人が少なければ安く売ることになりがちです。

 

築古であれば更地にしてしまうという手もあります。

そんなときは、

家を取り壊して更地で売るという手もあります。

 

相続した家ということは、

結構な築年数が建っているはずです。

 

木造の戸建てであれば、

築22年でその価値のほとんどがなくなります。

 

なので、違法建築の建物付きであっても、

ほぼ土地の値段で売ることになります。

 

それだったら、こちらで取り壊して更地で売るんです。

 

取り壊し費用に約100万円ほどかかりますが、

更地にするメリットがひとつあります。

 

更地であれば問題なく住宅ローンが使えます。

それは、住宅ローンを使えるようになるというところです。

 

違法なのは建物だけです。

土地だけであれば金融機関も融資するんですね。

 

なので、更地であれば、

住宅ローンを利用しなければ買えないという人達も、

買主になってくれる可能性がでてきます。

 

立地にもよりますが、

違法建築の建物付きの状態よりも高く売れる可能性もでてきたりします。

 

まとめ

というわけで、相続した家が違法建築だったらどうするのがいいのかというお話をしました。

 

そのまま住み続けるのであれば特に問題ないことが多いです。

というのも、違反建築だからといって是正命令がくだるのは稀だからです。

 

ただ、違法建築を売却したいのであれば、

ひとつ問題がでてきます。

 

買主は住宅ローンを利用することができません。

金融機関は違法建築に対して融資してくれません。

 

なので、現金一括で買ってくれる人を待つ必要があるんですね。

 

もしくは、更地にして売るという方法もあります。

 

違法なのは建物だけです。

更地にしてしまえば、金融機関も融資してくれるようになります。

 

場合によっては、土地だけで売ったほうが高く売れる可能性もあります。

 

関連記事:違反建築・違法建築の家でも売却することは可能でしょうか?

関連記事:「既存不適格」と「違反建築」の違いってなんなんでしょうか?

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。