家の査定をしてもらう前に用意しておくべき書類ってなんでしょうか?

家を売りたいと思ったら、不動産会社に査定をお願いすることになります。

 

家に限らずに、モノの売買というのは色々な書類が必要になることが多いです。

住民票とか印鑑証明書とかですね。

 

家の査定をしてもらう前にも、用意しておくべき書類というのはあるんでしょうか?

 

「権利証(登記識別情報)」と「印鑑証明書」です

最重要なのは「権利証(登記識別情報)」です。

登記済証とも呼ばれたりしますね。

 

「えっ、そんな書類無いよ!?」と思うかもしれません。

でも、家の中のどこかにある可能性が高いです。

 

じっくりと探してみてください。

 

2005年以前にその家を買ったのであれば「権利証(登記済証)」、2005年以降に買ったのであれば「登記識別情報」だと思います。

 

あなたがその家の所有者だということの証明書みたいなものです。

不動産会社の担当者も、まずは権利証の有無を確認してくる可能性が高いと思います。

 

そして、もう1つの書類は「印鑑証明書」です。

今の家を購入したときに住宅ローンを利用しているのであれば、印鑑証明書はすぐに用意できるはずです。

 

なぜ、この2つの書類なんでしょうか?

家の売却に必要な書類というのは他にも色々とあるのですが、特にこの2つの書類が重要です。

 

「権利証」と「印鑑証明書」の2つです。

なぜ、この2つの書類なんでしょうか?

 

家が売れたときに所有権移転登記をするために必要だからです

家が売れると、家の所有権は買主に移転することになります。

法的にそのことを証明するために、所有権移転登記をおこなうことになります。

 

その時に必要になる書類が「権利証」と「印鑑証明書」なんですね。

 

印鑑証明書はわりと簡単に発行することができます。

でも、権利証の方は再発行不可の書類になります。

 

無いとなるとちょっと別の方法を考えないといけないんですね。

なので、権利証の有無はまず最初に確認されることになるはずです。

 

「建築確認申請書」「確認済証」「検査済証」もあれば万全

「建築確認申請書」「確認済証」「検査済証」もあれば万全だと思います。

 

建築確認申請書というのは、今の家を建てる許可を得るために、行政に提出した書類です。

「こんな感じの家(図面付き)を建てたいんですけどいいでしょうか?」という書類です。

 

家の図面も含まれています。

許可が下りると「確認済証」が発行されます。

 

そして、実際に家が建った時に、図面通りに建てられたかがチェックされます。

それでOKがでたら「検査済証」が発行されます。

 

言ってみれば、この3つの書類はセットみたいなものです。

建築基準法に則って設計されて、きちんと図面通りに建てられた家ということを証明する書類と言えます。

 

家を買う側としてはあったほうが安心ですよね。

ただ、必須の書類というわけではありません。

 

リノベーション目的の人にも売りやすくなります

最近では、リノベーション目的で中古住宅を買う人も増えています。

もし、買主がリノベーション目的という場合にはちょっと注意が必要です。

 

「建築確認申請書」「確認済証」「検査済証」は必須の書類ではないと言いました。

でも、買主がリノベーション目的の場合には必須になります。

 

というのも、リノベーションをおこなうには建築確認申請をおこなわなければいけません。

「この家をこんな感じにリノベーションしたいんですけどいいでしょうか?」という申請です。

 

その時に、新築時の建築確認申請書と検査済証が要求されるんですね。

「この家というのはどんな家なんですか?」という感じでしょうか。

 

その時に「そんな書類もらってない!」と気がつく買主も少なからずいるようです。

 

まあ、売主に責任があるわけではないですし、買主がリノベーション目的かどうかというのも聞いてみなければわかりません。

でも、そういう可能性があるということは知っておいたほうがいいかもしれません。

 

その他の書類は不動産会社で用意してくれます

家の売却に必要な書類というのは色々ありますが、不動産会社の方で用意してくれる書類も結構あります。

例えば、「登記事項証明書」とか「公図」とかですね。

 

本人以外でも取得することができる書類は、不動産会社のほうで用意してくれるので任せてしまうのがいいと思います。

 

もし「権利証」を失くしていたら?

ちなみに、もし「権利証」が見つからなかったらどうなるんでしょうか?

家の中をじっくりと探してみても見つからなかったらどうなるんでしょうか?

 

権利証は再発行不可な書類とお話しました。

となると、家を売却することができなくなるんでしょうか?

 

「権利証」がなくてもなんとかなります

権利証の再発行はできませんが、家を売却することは可能です。

いくつか方法があります。

 

一番メジャーなのは、司法書士に本人確認してもらうという方法です。

司法書士に「この家の所有者は間違いなくこの人です」と証明してもらうんですね。

 

そうすれば、権利証の代わりとして使うことができます。

まあ、本人確認のために5万円〜10万円の費用はかかってしまいますけどね。

 

まとめ

というわけで、家の査定をしてもらう前に用意しておくべき書類についてお話しました。

 

なにはともあれ「権利証」です。

そして、「印鑑証明書」。

 

この2つの書類が必要になってきます。

家が売れたときに所有権移転登記するときに必要になる書類だからです。

 

そして、「建築確認申請書」「確認済証」「検査済証」の3つもあれば万全です。

この3つは、建築基準法に則って設計して、図面どおりに建てられましたという証明になります。

 

リノベーション目的で中古住宅を購入する人にとっては、この3つの書類が必要になります。

 

それ以外にも、「登記事項証明書」とか「公図」とか必要になる書類というのはありますが、不動産会社が代理でとってくれる書類も多いです。

 

また、権利証を仮に失くしたとしても、なんとかなると言えばなんとかなります。

司法書士に「本人確認情報」を作成してもらうという方法があります。

 

関連記事:訪問査定の前にハウスクリーニング(掃除)しておいたほうがいい?

関連記事:家の査定の前に「登記事項証明書」は自分で取得しておくべき?

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。