訪問査定の前にハウスクリーニング(掃除)しておいたほうがいい?

家はできるだけ高く売りたいものです。

家の中が汚かったばかりに査定額が下がってしまったということは避けたいのではないでしょうか?

 

査定額をできるだけ高くするためには、訪問査定の前にハウスクリーニングや念入りな掃除をしておいたほうがいいんでしょうか?

 

ハウスクリーニングは不要です

結論から言えば、査定前のハウスクリーニングは不要です。

そこまでする必要はありません。

 

ハウスクリーニングって家全体をおこなおうとすると10万円を超えてしまったりします。

 

本当は、ハウスクリーニングする必要がなかったのに、それだけの出費をするのは馬鹿らしいです。

 

表面的な汚れなら査定にはほとんど響きません

訪問査定では家の中の状態もチェックされますが、表面的な汚れであれば査定にはほとんど響きません。

「掃除すればキレイになるな」程度であれば、キレイなものとして査定されるということですね。

 

不動産会社の人は数多くの家を査定してきています。

そこらへんの判断は上手なはずです。

 

反対に、表面的にはキレイなんだけれども、よく見るとかなりダメージがあるなという場合もあります。

そういう場合は、ダメージがあるものとして査定されると思います。

 

軽く掃除ぐらいはしておいたほうがいいかも

とはいえ、訪問査定の前に軽く掃除しておくのはいいと思います。

特に水回りですね。

 

キッチンシンクや換気扇、コンロまわりなど。

トイレもそうですね。

 

普段だって「なんだか汚れてきたな?」と思ったらキレイにするのではないでしょうか。

その程度の掃除はおこなっておいたほうがいいと思います。

 

それによって査定額が上がるということはないと思いますが、不動産会社の人の印象は良くなるはずです。

 

内覧の前にはハウスクリーニングをしたほうがいい?

ハウスクリーニングが本当に必要になるかどうかは、内覧前に検討することになります。

内覧というのは、買主になるかもしれない人が、実際に家の中を見て回ることです。

 

できれば、家の中はキレイになっていたほうがいいですよね。

 

そうなると、ハウスクリーニングをしたほうがいいということになるかもしれません。

そこらへんは、不動産会社の担当者と相談してみるといいと思います。

 

ただ、必ずしもハウスクリーニングをしたほうがいいということにはならないんです。

 

クリーニング代は誰が負担するのか?

ハウスクリーニングをするとなると、10万円程度の費用がかかります。

その費用って誰が負担するんでしょうか?

 

まずは、自分が負担することになります。

それは当然ですね。

 

でも、その費用を家の価格に上乗せしたいと思うのではないでしょうか?

3000万円で家を売り出しているのであれば、ハウスクリーニング代の10万円を上乗せして、3010万円にしようとか。

 

そうなると、ハウスクリーニング代は実質的には買主が負担することになります。

 

家の価格を安くしたほうが好まれることもあります

買主によっては、ハウスクリーニングをするぐらいなら家の価格を安くしてもらいたいと思う人もいるはずです。

結構多いと思います。

 

例えば、最近は中古住宅を購入してリノベーションをすることが流行っています。

そういう場合、手付かずの中古住宅が好まれます。

 

リノベーション済みの中古住宅というのはもっての他です。

手付かずの中古住宅を購入して、自分で自由にリノベーションをしたいんですね。

 

ハウスクリーニングというのはちょっとそれに似ているかもしれません。

「ハウスクリーニングする必要はないから価格を安くしてよ。もし必要であれば自分でやるからさ」という感じでしょうか。

 

まとめ

というわけで、訪問査定の前にハウスクリーニングしておいたほうがいいのかというお話をしました。

 

訪問査定の前のハウスクリーニングは不要です。

表面的な汚れぐらいであればほとんど査定には響きません。

 

とはいえ、軽く掃除しておくぐらいはしたほうがいいかもしれません。

特に水回りですね。

 

ハウスクリーニングが本当に必要になるかどいうかは、内覧前に検討することになると思います。

 

このとき、大事になってくるのはクリーニング代は誰が負担するのかということです。

買主によっては、ハウスクリーニングはしなくてもいいから家の価格を安くしてもらいたいという人もいるはずです。

 

というよりも、結構多いかもしれません。

 

関連記事:訪問査定と机上査定で査定額が大きく変わることはあるんでしょうか?

関連記事:訪問査定の時、不動産会社の人はなにをチェックしているのか?

関連記事:家の査定をしてもらう前に用意しておくべき書類ってなんでしょうか?

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。