「住宅ローン」と「抵当権」はどんな関係になっているんでしょうか?

住宅ローンと抵当権。

切っても切れない関係です。

 

抵当権なしに住宅ローンは利用できません。

 

でも、住宅ローンと抵当権がどういう関係になっているのかを、

いまいち理解していないという人も少なくないかもしれません。

 

分かりやすく解説します。

 

あなたの家は「質屋」に入っているようなものです。

住宅ローンを利用すると、

家を購入することができます。

 

家があなたのものになったように感じるかもしれません。

 

でも、実のところちょっと違うんです。

 

実際のところは、家を購入した瞬間に、

その家を「質屋」に入れるようなものなんです。

 

質屋というのは銀行などの金融機関のことです。

 

所有権はあなたにありますが、自由に家を売れません。

確かに、家の所有権はあなたになります。

登記上の所有権はあなたになるということです。

 

住宅ローンを利用して家を購入すると、

所有権保存登記もおこないます。

 

そうすることによって、

登記上のその家の所有者はあなたになります。

 

なのですが、あなたはその家を自由に売ったりすることはできません。

 

所有権者なのですが、

家を自由に売買することはできないんですね。

 

質屋に入っているものを自由にできないのとちょっと似ています。

 

住宅ローンの融資と同時に、家に抵当権が設定されるからです。

なぜかというと、

銀行は、住宅ローンの融資と同時に、あなたの家に抵当権を設定します。

 

「抵当」という言葉には、

「担保」という意味もあります。

 

よく時代劇とかで、

「借金のかたにこの着物をもらっていくぞ、がはは」

みたいなセリフがでてきますよね。

 

言ってみれば、その着物には借金の額以上の価値があるわけです。

その着物を担保にお金を借りるわけです。

 

でも、お金を借りたとしても、

その着物の所有権は失いたくありません。

 

なので、「後でお金を返したときに、その着物を返してください」となるわけです。

質屋の仕組みですね。

 

もし、お金を返せないときには、その着物の所有権は失うことになります。

 

質屋から取り返すには、全額支払わなければいけません。

住宅ローンの場合も同じなんです。

 

違うのは、住宅ローンの場合には、

最初にあなたは何も所有していないというところです。

 

質屋に入れるべき家すらも、

質屋に買ってもらうというような構図になっています。

 

「家は銀行のもの」と言われる所以ですね。

 

本当にそうなんです。

 

登記上の所有者はあなたになりますが、

その家には抵当権が設定されます。

 

質屋に入るようなものです。

 

質屋から家を取り返すには、

借りたお金を全額支払わなければいけません。

 

例えば、3000万円を住宅ローンで借りたのであれば、

3000万円全額を返済し終わらないことには、

あなたはその家の本当の所有者にはなれません。

 

もし、ローンが返済されない場合には、他者に売られることになります。

そして、もし、あなたが住宅ローンの返済ができないような状態になったとき。

 

その家は、他者に売られてしまうことになります。

まさしく、借金のかたですね。

 

競売という言葉を聞いたことはありませんか?

 

競売というのは、銀行によって差し押さえられた家が売られることを言います。

 

銀行は、登記上のその家の所有権者ではないのですが、

抵当権を設定していると、ローンの返済が滞ったときに、

まるで所有権者のように扱えるわけです。

 

自由に売ってしまうこともできてしまうんですね。

 

まとめ

というわけで、「住宅ローン」と「抵当権」の関係についてお話しました。

 

住宅ローンを利用するということは、

あなたの家は「質屋」に入るようなものです。

 

所有権はあなたになりますが、

あなたは、家を自由に売ったりすることはできません。

 

住宅ローンの融資と同時に、

あなたの家に抵当権が設定されるからです。

 

質屋から家を取り返すには、

借りたお金を全額支払わないといけないんですね。

 

全額支払うと、ようやく抵当権を抹消することができます。

そうしたら、晴れて本当の家の所有者になれます。

 

ちなみに、もし、ローンが返済できないようなことになると、

その家は質屋のように他者に売られてしまうことになります。

 

関連記事:抵当権が設定されている土地や不動産を相続する場合はどうする?

関連記事:抵当権が付いたまま家を売却することはできるんでしょうか?

関連記事:住宅ローンを完済したのに抵当権抹消登記を行っていない場合どうなる?

関連記事:抵当権抹消登記は自分でできる?

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。