ホームステージングを利用するべきはどんな人?

ホームステージングを利用するべきはどんな人なんでしょうか?

「ホームステージングを利用すれば家が早く高く売れるって聞いたんだけど本当かな?そもそもホームステージングってどんなものなんだろう?どれくらいの費用がかかるのかな?」

「ホームステージングをおこなうための資格って今後需要が高まりそうだけどどうなんだろう?」

そう思うならぜひ最後まで読んでみてください。

ホームステージングとは?

ホームステージングって一体どんなものなんでしょうか?

中古住宅をモデルルームのように演出します

中古住宅を新築のモデルルームのように魅力的に演出することをホームステージングと言います。

新築のモデルルームに行ったことってありますか?家やマンションを買いたくなるように魅力的に室内が演出されています。インテリア家具が置かれているだけではなくて、観葉植物やスタイリッシュな小物などが心地よく配置されています。

モデルルームというと新築でのみおこなわれることが今まで多かったですが、その手法を中古住宅にもちこんだのがホームステージングです。

VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)と呼ばれることもあるようです。

アメリカではホームステージングは当たり前?

日本ではまだまだですが、アメリカではホームステージングはわりと普及しています。

というのも、アメリカでは中古住宅の割合がとても高いからです。市場に流通している住宅の約9割ほどが中古住宅です。そんな住宅市場の影響もあってか、家を売却するときにはホームステージングがおこなわれることは少なくありません。

不動産会社もホームステージングを取り入れはじめています

家の売却の仲介をおこなう日本の不動産会社でもホームステージングを取り入れはじめています。

たとえば、野村不動産。

日本のホームステージングの最大手である、ホームステージングジャパン株式会社と提携して家を売却する人向けにホームステージングサービスを開始しています。

住友不動産販売も独自にホームステージングサービスを開始しています。

ホームステージングのメリットは?

ホームステージングをおこなうメリットってなんなんでしょうか?

3倍早く家が売れるようになります

最大のメリットは、家が売却しやすくなるという点です。

一般社団法人日本ホームステージング協会(外部リンク)が発行する「ホームステージング白書2017(PDF)」によると、ホームステージングを利用することによって、家が売却されるまでにかかる期間が124日からその1/3の40日ほどに短縮されるようです。

ちなみにこの数字は戸建てとマンションの平均値です。

戸建てだけのデータでみると、家が売却されるまでにかかる期間が210日から37日に短縮されます。約1/5です。

マンションの場合は、88日から42日に短縮されます。約1/2です。

ホームステージングは特に戸建ての場合に早く売れやすくなるという効果があります。

Webでの閲覧アクセス数が上がる効果があります

早く売れるようになる理由のひとつに、Webでの閲覧アクセス数が上がるということがあります。

ホームステージングでは部屋をモデルルームのように演出した状態で室内写真を撮ります。そして、その写真をスーモやホームズなどの不動産ポータルサイトに掲載します。

他の中古住宅に比べてかなり目立つのではないでしょうか。

何も置かれていない部屋、普通の家具が置かれた部屋、などが室内写真として掲載されている中、まるで新築のモデルルームみたいな室内写真が登場するんです。

Webの閲覧アクセス数が格段に上がるのは容易に想像できるのではないでしょうか。

ホームステージングサービスもおこなっているニトリ(外部リンク)によると、約7倍ほどアクセス数が増えるようです。

相場よりも高く売れる可能性があります

ホームステージングをおこなうと相場よりも家が高く売れる可能性があります。

ただし、何%ぐらい高く売れるのかはバラつきがあります。

6%高く売れると言われることもありますし、10%高く売れると言われることもあります。確かにそういう場合もあるかもしれませんが、あまり根拠がありません。

ホームステージング白書2017(PDF)には、どれくらい高く売れるのかということについても書かれています。

“0.5%”ほど高く売れるようです。

6%や10%に比べるとだいぶ低くなってしまいますが、根拠のある数字としては0.5%です。平均して0.5%で、最高でも0.9%ほどのようです。

そう考えると、ホームステージングは家を高く売るという効果はありますが、それほど高くはないのかもしれません。

ホームステージングのデメリットは?

ホームステージングをおこなうことのデメリットはなんなんでしょうか?

20〜30万円ほどの費用がかかります

ホームステージングをおこなうには約20〜30万円ほどの費用がかかります。

ホームステージングをおこなうサービス会社やプランによっても変わってきますが、満足のいくサービスを受けたい場合はこれぐらいかかると思っていたほうが良さそうです。

ホームステージングに費用をかけるということは、その分、家の販売価格に上乗せしなければいけません。ホームステージングによってどれくらい高く売れるのかということとの兼ね合いが大事になってきます。

リノベーションをしたい人には逆効果かも

最近は、中古住宅を購入してリノベーションしたいという人達も増えています。

リノベーションというのは中古住宅の構造はそのままに、内装だけガラッとリフォームすることを言います。外観を変えることは難しいですが、内装だけは自分好みにカスタマイズすることができるので人気があります。

リノベーションをしたいという人達にとっては、ホームステージングというのは魅力的には映らないのではないでしょうか。

中古住宅の構造だけを利用して、内装は自分好みにカスタマイズしたいという人達です。手作り感満載な内装にしたいという人もいるでしょう。ホームステージングはどちらかというと、ナチュラルでエレガントに演出される傾向があります。

そうなると「余計な演出はしないで欲しいなあ。」と思われる可能性だってあります。

ホームステージングを利用するべき人は?

ホームステージングを利用するべきはどんな人なんでしょうか?

5000万円以上で家を売却したい人

グレードの高い家を売却したいという人です。

具体的に言えば、5000万円以上で家を売却したいという人向けです。ホームステージングには20〜30万円ほどの費用がかかります。そうなると、ホームステージングによって家を高く売ってその費用をまかなわなければいけません。

ホームステージング白書2017によるとホームステージングをおこなうと平均して0.5%ほど家が高く売れるというデータがあります。

5000万円が相場であれば、5025万円で売れることが多いということです。

その差は25万円です。ホームステージングにかかる費用とトントンというところになります。2000万円や3000万円の家を売却するとなるとホームステージングにかかる費用のほうが高くなってしまう可能性は高くなります。

1億円であれば、ホームステージングをおこなったほうがお得になる可能性は高くなります。

0.5%高く売れるとなると1億50万円で売れます。ホームステージングにかかる20〜30万円の費用も十分にまかなうことができます。

家を早く売却したい人

家を早く売却したいならホームステージングを利用するといいかもしれません。

ホームステージングをおこなうと家が早く売れるようになるというのは確かなようです。モデルルームのような室内写真がスーモやホームズやヤフー不動産などの不動産ポータルサイトにも掲載されることになるので、ホームステージングをおこなっていない物件に比べると目立つのは確かです。

内覧希望の問い合わせも増えるでしょう。そうなると結果的に家も早く売却できるようになります。

特に、戸建て住宅の場合にはホームステージングをおこなうと約5倍ほど家が早く売れるというデータがあります。ホームステージング白書2017のデータですが、家の売却に210日かかるところが37日に短縮されるというデータがあります。

費用が回収できなくてもいいから家を早く売却したいという人は、ホームステージングを利用するのもいいかもしれません。

住居中でもホームステージングは利用できるのか?

ホームステージングは居住中でも利用できるんでしょうか?

居住中でも空室でもホームステージングを利用できます

ホームステージングはあなたが家に居住中でも、実際には住んでいなくて空室になっていても、どちらでも利用することができます。

居住中の場合は、まずは家の中の片付けと整理からはじまります。

余分な荷物は一時的に預けることができます

家の中が物でいっぱいという場合には、家具や荷物をホームステージングをおこなってくれる業者へ一時的に預けるということができます。

ホームステージングどういう手順でおこなわれるのか?

ホームステージングはどういう手順でおこなわれるんでしょうか?

モノを減らして生活感を少なくします

あなたが家に居住中という場合には、まずは家の中の片付けと整理からはじまります。

ホームステージングに使うものと使わないものに仕分けて、使わないものは一時的に業者に預かってもらいます。そして、ホームステージングに使うものもしっかりと整理します。

ホームステージングは新築のモデルルームのように室内を演出するものです。生活感を感じさせないようにすることがとても大切です。極力モノは減らしていきます。

部屋にインテリア家具を配置します

部屋の片付けと整理が終わったらインテリア家具を配置していきます。空室の家であればここからホームステージングがはじまります。

インテリア家具はホームステージングをおこなう業者によって違ってきますが、家を購入するであろう人が好みそうなテイストにするのが基本です。

たとえば都心のタワーマンションであれば、夜景が似合いそうなエレガントでラグジュアリーなインテリアにします。都心郊外の戸建て住宅であれば、ナチュラルで落ち着くようなインテリアにします。

照明・グリーン・小物・BGM・香りで部屋を演出します

インテリア家具が配置されたら、次は演出です。

ホームステージャー(ホームステージングをおこなう人)の腕のみせどころはこの演出の段階なのではないでしょうか。

照明、グリーン、小物、BGM、香り、などで部屋を演出していきます。

どこに絵を飾るか?どんな絵がいいのか?照明はどこに設置するか?スポットライトを当てたほうがいいのか?どんな観葉植物がいいのか?どこに観葉植物を置くのがいいのか?などなどホームステージャーが考えながらホームステージングがおこなわれていきます。

内覧希望者に室内を案内するときのために、BGMと香りも用意されます。

ホームステージングの演出では、第一印象が重要視されます。

内覧希望者が家の中に入ったときにどう感じるか?家の中の匂いは好感がもてるものか?明るく爽やかに感じるか?リビングに入ったときにどう感じるか?など考えられながら演出されます。

ホームステージングされた室内の写真撮影をおこないます

ホームステージングの演出が終わったら次は室内の写真撮影です。

不動産ポータルサイトやチラシなどに掲載するための写真を撮影します。広角レンズなどを使って室内が広く感じられるように撮影します。家を購入してくれるであろう人が魅力的に感じるような写真を撮影します。

都心のタワーマンションであれば、夜景の写真を撮ることもあるでしょう。

ホームステージングされた家を内覧者に案内します

内覧希望者があらわれたら、ホームステージングされた家を実際に案内します。

家を購入する人は、家に入って6秒とか10秒で家の購入を決めていると言われています。何秒で決まるのかは根拠がありませんが、第一印象で決まるのは確かだと思います。

その場では明確に決めていなくても、好感がもてるかそうでないかはすぐに決まるはずです。好感がもてる家であれば購入する可能性も高くなるでしょう。

ホームステージングされた家であれば、好感を持ってもらえる可能性は高まります。

費用はどれくらいかかる?

ホームステージングにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

20〜30万円ほどの費用がかかります

さきほどからも何回か費用のお話はしていますが、ホームステージングには20〜30万円ほどの費用がかかります。もちろん、業者によって費用もかわりますし、オプションによっても変わってきます。

たとえば、ホームステージングの最大手であるホームステージングジャパン(外部リンク)では、リビング・ダイニングのみのライトプランで20万円、リビング・ダイニングに加えて玄関や水回り、写真撮影も加えたスタンダードプランで30万円です。テラスやベランダはオプションで5万円になっています。

家具のニトリ(外部リンク)もホームステージングをおこなっています。

ニトリのほうが費用は安くなります。ニトリではリビング・ダイニング・玄関・水回りのエコノミープランで17.5万円です。ベッドルームもプラスしたスタンダードプランは25万円です。家の全部屋をホームステージングするデラックスプランは写真撮影も込みで35万円です。

賃貸でもホームステージングは使える?

賃貸でもホームステージングは使えるんでしょうか?

部屋を広くみせる効果があります

賃貸でもホームステージングがおこなわれていることがあります。

賃貸物件の場合、分譲に比べて狭いことが多いので空室での内覧の場合には家具をどのようにして配置すればいいのかがイメージしにくいことがあります。

「ここに190センチ幅のソファーは置けるかな?」とか「160センチ幅のダイニングテーブルをここに置くのはちょっと難しいかな?」とかメジャー片手に考えることになります。

でも、賃貸物件でもホームステージングされていれば、部屋をどのようにレイアウトすればいいのかがイメージしやすいです。

また、インテリア家具を設置することによって部屋を広くみせるという効果もあります。

ホームステージングには資格がある?

ホームステージングをおこなう人を「ホームステージャー」と呼びますが、ホームステージャーには資格があります。

ホームステージャー1級と2級があります

一般社団法人日本ホームステージング協会(外部リンク)によってホームステージャー1級とホームステージャー2級の資格が提供されています。

すでに1700人以上の資格保有者がいます。

不動産会社の社員がホームステージャーの資格を取得するということもあります。

仲介している中古物件を自社でホームステージングするためです。ホームステージングをおこなうと家が早く売れるようになるというメリットがありますし、家が多少高く売れる可能性もあります。

今後はホームステージャー資格をもった不動産会社の営業マンも増えるかもしれません。

資格取得にかかる費用は、ホームステージャー2級で22000円、ホームステージャー1級で80000円です。1級を取得するにはまず2級を取得する必要があります。

ホームステージングジャパンによるホームステージング認定資格もあります

ホームステージングジャパンでも独自のホームステージング認定資格を提供しています。

ホームステージングジャパンは、ホームステージングスクールというホームステージングを学ぶことがでいる学校も開校しています。

ホームステージングスクール(外部リンク)では3つのコースが用意されています。

  1. ベーシックコース
  2. テクニカルコース
  3. ホームステージャー養成コース

ホームステージャー養成コースを修了すると、認定資格を取得するための試験を受験できるようになります。認定資格を取得するとホームステージャーとして仕事をするための支援をホームステージングジャパンから受けることができるようになります。

ホームステージャー養成コースには38万円の受講費がかかります。

まとめ

ホームステージングを利用するべきはこんな人です。

  • 5000万円以上で家を売却したい人
  • 家を早く売りたい人

都心の戸建て住宅の場合はだいたい5000万円以上になるでしょうか。都心は土地の値段が高いですから。そう考えると、ホームステージングは特に都心に住んでいる人にほど利用価値があるとも言えるかもしれません。

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。