「売建住宅」って「建売住宅」とどう違うんでしょうか?

家を建てるための土地を探していると「建築条件付き土地」というものを見かけることがあります。

一般的には「売建住宅」と呼ばれています。

 

「売建?建売じゃなくて?」って思うのではないでしょうか。

 

一体、「売建住宅」と「建売住宅」にはどんな違いがあるんでしょうか?

 

売るタイミングが違うだけ?

結論から言えば、「売建」も「建売」も同じようなものです。

何が違うのかというと「売るタイミング」です。

 

建売住宅というのは、すでに家が建った状態で売りますよね。

 

建売業者は、まずは家を建てるための土地を仕入れます。

そして、仕入れたその土地に売るための家を建てます。

 

家が完成したら、広告を打つなどして見込み客を集めます。

「この家を気に入ったから購入したい」という人が現れます。

 

建売住宅を売るタイミングというのはそこです。

 

ところが、売建住宅の場合はそうじゃないんですね。

 

土地を「売」ってから「建」てるのが売建住宅です

売建住宅の場合は、「土地だけ」の状態のときに売ってしまいます。

 

建売業者は、まずは家を建てるための土地を仕入れます。

普通は、その仕入れた土地に売るための家を建てるのですが、売建住宅の場合には、その仕入れた土地を「建築条件付き土地」として土地だけで売ってしまうんですね。

 

建築条件付きというのがミソです。

 

どんな条件かというと、「この土地を購入するには、こちらで指定した家を建てることが条件です」というものです。

簡単に言えば、建売業者が家を建てることが条件ということです。

 

建つ家は建売住宅とほとんど「同じ」もの

建売業者が家を建てるにしても、「まだ土地の状態から家を建てることができるんだから、注文住宅のようにある程度は自由な設計ができるんじゃないの?」と思うかもしれません。

 

ところが、そうはならないんですね。

確かにある程度のパターンから間取りを選ぶことぐらいはできます。

 

でも、細かいところまでは対応してくれません。

 

言ってみれば、スーツでいうパターンオーダーみたいなものでしょうか?

数種類のパターンが用意されているのですが、きっちりと全身を採寸してのフルオーダーには対応していないという感じでしょうか。

 

建った後の家のクオリティは建売住宅とほとんど同じものになります。

 

土地「だけ」を買うことはできないので要注意です

売建住宅は、最初は土地だけの状態で売られています。

「建築条件付き土地」として売られています。

 

不動産ポータルサイトなどで土地を探していると「建築条件付き土地」と書かれていたりするんですね。

 

最初はそれが売建住宅だということに気が付かないかもしれませんね。

「建築条件付き土地?何なんだろう?でも、ここの土地は立地が良くて魅力的だなあ」と思うぐらいかもしれません。

 

でも、建築条件付き土地というのはつまりは売建住宅のことです。

さきほどもお話しましたが、「この土地を買うには、こちらで指定の家を建てなければいけません」というのが条件ということです。

 

「土地だけ欲しい」と言ってもそれはちょっと難しいんですね。

 

もし、それでもどうしてもその土地だけ欲しいという場合には、追加料金を支払ってその土地を買うことになるかもしれません。

相場よりも高くその土地を買わなければいけないということですね。

 

こだわりの家を建てたいなら注文住宅にしておきましょう

もし、こだわりの家を建てたいと思っているのであれば、売建住宅ではなく注文住宅にしておくのがいいと思います。

 

カタチだけみれば、売建住宅と注文住宅ってちょっと似ています。

まずは、土地だけを購入してから、その土地の上に家を建てます。

 

でも、売建住宅の場合には、すでに決まっているパターンの中から間取りや材質などを選ぶだけのことが多いです。

いってみれば、建売住宅とほとんど同じようなクオリティになります。

 

デザインにこだわったり、材質や建材にこだわりたいという場合には、1から建築設計してくれる建築家に依頼したり、注文住宅専門のハウスメーカーなどに依頼するのがいいと思います。

 

まあ、注文住宅専門のふりをした売建住宅メーカーもあったりするので注意が必要かもしれませんが。

 

まとめ

というわけで、「売建住宅」と「建売住宅」の違いについてお話しました。

 

違いは、家を売るタイミングにあります。

建売住宅の場合には、家が建ってから売りますが、売建住宅の場合は、家が建つ前の土地の状態で売ってしまいます。

 

家を建ててしまってから売れ残ってしまうのを防ぐという目的もあります。

 

建売住宅の場合、建ってから1年が建ってしまうと新築扱いではなくなってしまいます。

その点、売建住宅であればそういうことはありません。

 

ただ、実際に家が建っていないので購入者にイメージしてもらいにくいというデメリットもありますけどね。

 

ちなみに、売建住宅は土地だけの状態から家を建てることになるのですが、建つ家というのは建売住宅とほとんど同じものになります。

注文住宅のように自由に設計できるというわけではないので注意が必要です。

 

また、売建住宅として売られている土地、つまりは「建築条件付き土地」は、土地だけで買うということが難しいのです。

もし、どうしても土地だけ欲しいという場合には割高で買わなければいけなくなるかもしれません。

 

投稿者プロフィール

山河直純
山河直純住宅不動産研究家
一級建築士受験資格保有。建築家が設計した住宅、築40年以上のヴィンテージマンション、ハウスメーカーの住宅などなど、住宅全般をこよなく愛しています。特に狭小住宅好き。