不動産会社は規模の大小ではなく〇〇で選ぶ?

家を売却しようと思ったときの最初のハードルが不動産会社選びです。

前回までの記事で、大手の不動産会社の強み問題点小さな不動産会社でも問題なく家を売却できることをお話しました。

どんな規模の不動産会社でも問題なく家を売ることができるのであれば、なにを基準に不動産会社を選べばいいんでしょうか?

規模の大小よりも「担当者」が決め手です。

結論から言うと、不動産会社の規模の大小よりも、どんな「担当者」なのかということのほうが重要です。

家を売却するために不動産会社に査定をお願いすると、あなたに担当者がつきます。

その担当者がどんな人なのか?不動産会社を選ぶときは規模の大小よりも、どんな人があなたの担当者になるのかということのほうが大事になってきます。

なぜなんでしょうか?

なぜ、不動産会社の規模の大小よりも、どんな担当者なのかということのほうが大事なんでしょうか?

詳しくお話します。

あなたがコミュニケーションをとるのは担当者だからです。

なぜかというと、あなたが実際にコミュニケーションをとるのは不動産会社ではなく、その担当者だからです。

あまり知名度のない小さな不動産会社であっても、担当者がとても素晴らしかったらどうでしょうか?あなたも安心して家の売却を担当者に任せられるのではないでしょうか?

そして、残念ながらその逆もありうるということです。

失礼な態度をとる担当者だったらどうしますか?

あなたに対して失礼な態度をとる担当者だったとしたらどうでしょうか?

例えば、最初のうちはとても親切に接するのに、専任媒介契約を結んだとたんに失礼な態度で接してくるようになる担当者がいます。

良い気分はしないはずです。騙されたと感じるのではないでしょうか。

返事が遅い担当者だったらどうしますか?

あなたの質問に対して返事が遅い担当者だったとしたらどうでしょうか?

不動産会社の担当者は数多くの物件を抱えています。忙しくなってしまうのは仕方がないことかもしれませんが、明らかにあなたの物件の優先順位を低くしてくる担当者もいます。

あなたの家を積極的に売る気がないということです。そんな担当者はお断りしましょう。

囲い込みをしようとする担当者だったらどうしますか?

あなたの家を囲い込もうとしてくる担当者はどうでしょうか?

囲い込みというのは、あなの家の存在を他の不動産会社から隠そうとする行為です。他の不動産会社はあなたに買主を紹介できなくなります。

買主がいるのに、あなたの家が売れないということになります。そんな担当者はお断りしましょう。

レインズがあるので小さな不動産会社でも家は売れます。

家を売却するときに不安になることのひとつとして「大手の不動産会社じゃなければ家を売却できないのでは?」というものがあります。

確かに、不動産会社が自社のみで買主を見つけようとするならばその通りです。大手の不動産会社ほど自社で買主を見つけやすいです。

でも、不動産業界にはレインズと呼ばれる売物件情報の管理システムがあります。日本全国の不動産会社がレインズによって情報共有されています。

自社で買主を見つけることができなくても、他社が買主を紹介してくれることも多いんです。レインズがあるので小さな不動産会社でも十分に家を売却することができます。

規模よりも安心して任せられる担当者かどうかが大事です。

極端な話、大手の不動産会社に頼もうが、小さい不動産会社に頼もうが、家は売れるんです。

それだったら、不動産会社の規模よりも、安心して家の売却を任せられる担当者かどうかのほうが大事になってきます。どっちにしても家が売れるのであれば気分よくコミュニケーションがとれる担当者のほうが良いのではないでしょうか。

どうやって担当者を選べばいいんでしょうか?

どんな担当者も、最初のうちはあなたに気に入られようと親切に対応してくるはずです。誠意をもってあなたに対応してくるはずです。

どうやって担当者を選べばいいのか迷うと思います。

一般媒介契約でも受けてくれるかどうかがひとつの鍵です。

どの担当者もとても親切で選ぶのに迷うという場合には、「あなたの会社とは一般媒介契約を結びたいのですが大丈夫でしょうか?」と質問してみてください。

このときの反応で、担当者がどんな人なのかがわかります。

本当に誠意のある担当者だった場合、喜んで一般媒介契約を結んでくれるはずです。でも、中には嫌な顔をする担当者もいるかもしれません。一般媒介契約ではなくて専任媒介契約をすすめてくる担当者もいるはずです。

そんなときには、なぜ一般媒介契約ではいけないのかを聞いてみてください。その答えが「一般媒介契約では熱心に営業活動ができない」というものであれば、その担当者は断ったほうがいいかもしれません。

というわけで、次回は専任媒介契約と一般媒介契約についてお話します。

次の記事:「専任媒介契約」と「一般媒介契約」はどちらがいい?