大手の不動産会社のほうが家・マンションを売却しやすい?

家を売るときは、大手の不動産会社にお願いしたほうが買主は見つかりやすいのでしょうか?

「家を売るときはやっぱり大手の不動産会社にお願いしたほうが安心かな?有名な不動産会社だと家を買いたいという人も集まりやすそうだし。家も売れやすいんじゃないかなと思うんだよね。実際のところどうなんだろう?」

そう思うのなら、ぜひ最後まで読んでみてください。

大手ほど買主が見つかりやすいのは確かです

結論から言うと、大手の不動産会社ほど買主が見つかりやすいというのは確かです。

ただ、だからといって家を売却するときは大手の不動産会社にお願いしたほうがいいというわけではありません。その理由があります。詳しくは後ほど説明しますので最後まで読んでみてください。

なぜ、大手の不動産会社のほうが買主を見つけやすいのか?その理由を知るには、不動産会社はどうやって買主を探しているのかを知らなければいけません。

不動産会社が買主を見つける方法は4つ

  1. チラシなどの紙広告
  2. 不動産ポータルサイトなどのインターネット広告
  3. 自社Webサイトや営業力
  4. レインズ

1、チラシなどの紙広告

1つめは、チラシなどの紙広告です。

家のポストに投函されるようなチラシや、新聞の折込チラシなどです。駅前で手配りされていることもあります。リクルート社が発行しているフリーペーパー「SUUMO(スーモ)」も紙広告です。

特定の地域にピンポイントで広告できるという特徴があります。同じ地域で家を住み替えるという人は結構多いです。つまりは、あなたのご近所の人が家を買ってくれる可能性は高いということです。そんな人たちに紙広告というのは効果があります。

2、不動産ポータルサイトなどのインターネット広告

2つめは、インターネット広告です。

不動産ポータルサイトに広告を出して買主を探します。不動産ポータルサイトとしては「SUUMO(スーモ)」「ライフルホームズ」「ヤフー不動産」などがあります。紙広告とは違って日本全国の人たちにアプローチできるという特徴があります。

検索結果に広告を出稿するリスティング広告もよく利用されています。

3、自社Webサイトや営業力

3つめは、自社のWebサイトや営業力です。

多くの不動産会社は自社Webサイトを運営しています。たくさんのアクセスを集められるWebサイトであれば、そこで買主がみつかることも多いです。さきほどお話したリスティング広告も、自社Webサイトのアクセスを増やすために使われています。

営業所への来客の多い不動産会社であれば、その人達にあなたの不動産を紹介することもできます。

4、レインズ

4つめは、レインズです。

レインズというのは、国土交通省が運営する不動産情報の管理システムです。日本全国の売物件の情報がレインズに登録されます。

日本全国の不動産会社はレインズを閲覧することができるので、どこかの不動産会社があなたの家の買主を見つけてくるということもあります。

実際のところレインズ経由で買主がみつかるということはとても多いです。

大手の不動産会社は自社Webサイトのアクセスがすごい

買主を見つけるための4つの方法についてお話しました。

大手の不動産会社が強いのは、なんといっても自社Webサイトです。「三井のリハウス」「住友不動産」「野村不動産」などの大手のWebサイトは月間アクセス数も多いです。三井のリハウスは月間40万アクセス以上あります。

1日に約13000人が三井のリハウスのWebサイトを訪れるということです。

テレビCMの影響は大きい

アクセス数が多くなるのはテレビCMの影響が大きいです。

「大手の不動産会社はどこ?」と言われてパッと頭にでてくるのは、テレビCMで頻繁に目にしたり耳にしたりする不動産会社ではないでしょうか。

テレビCMを単発で放映する不動産会社は数あれど、継続的に放映できるのは大手の不動産会社ぐらいです。その影響がWebサイトのアクセス数にも現れます。

あなたの家もWebサイトに掲載されます

大手の不動産会社と仲介契約を結ぶと、そのWebサイトにあなたの家が掲載されることになります。

例えば、三井のリハウスであれば月間40万アクセス以上あるWebサイトにあなたの家が掲載されることになります。買主が見つかりやすくなるのは確かです。

三井のリハウスも、売主にそのことをアピールしています。

営業所でもあなたの家が紹介されます

大手の不動産会社が強いのは自社Webサイトだけではありません。大手の不動産会社は日本全国に営業所を構えています。その営業所に足を運ぶ人の数も多いです。

「家が欲しいんだけれども、この場所にこの条件でなにかいい物件はないかな?」という気持ちで足を運ぶ人も多いはずです。

その条件にあなたの家が当てはまるのであれば、その人にあなたの家が紹介されることになります。買主が見つかりやすくなるのは確かです。

大手の不動産会社にはブランド力があります

大手の不動産会社が買主を見つけやすい理由についてお話しました。

簡単に言えば、ブランド力があるんです。「不動産会社といえば?」という質問が頭の中でおこったときに、パッとでてくるのはやっぱりブランド力のある不動産会社です。

ただし、囲い込みには注意が必要です

大手の不動産会社のほうが買主を見つけやすいのは確かですが、だからといって大手の不動産会社に家の売却をお願いしたほうがいいとは限りません。

「囲い込み」されてしまう可能性もあるからです。

囲い込みとは、他の不動産会社があなたに買主を紹介したがっているのに、あなたに無断でその紹介を断ってしまうことを言います。

次の記事では、大手の不動産会社と囲い込みについて詳しくお話したいと思います。

次の記事:大手の不動産会社では「囲い込み」される可能性がグッと高まる?

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。