家・マンションを売却するまでのシンプルな流れ

家・マンション(以下、家)を売却するまでの流れはどうなっているんでしょうか?

「家を売りたいんだけれどもどうすればいいんだろう?とりあえず、家が売れるまでの簡単な流れを知っておきたいなあ。あんまり細かく説明されても覚えきれないから、できるだけシンプルに重要なポイントだけを知りたい。」

そう思うのなら、ぜひ最後まで読んでみてください。

6つのシンプルな流れ

  1. 不動産会社を「探す」
  2. 「仲介契約」を結ぶ
  3. 「買主」を探す
  4. 買主から「買いたい」という申込がある
  5. 「売買契約」を結ぶ
  6. 家を「引渡し」

1、不動産会社を「探す」

家の売却は不動産会社を探すところからはじまります。

あなたにとっては最初のハードルになります。というのも、世の中にはたくさんの不動産会社があります。規模の大きな不動産会社もあれば、小さな不動産会社もあります。どの不動産会社に家の売却をお願いすればいいのか迷うのではないでしょうか。

ハウール(このサイト)を読めば、どの不動産会社に家の売却をお願いすればいいのかが明確に分かるようになります。

2、「仲介契約」を結ぶ

不動産会社を選んだら、次は仲介契約を結ぶことになります。

家を売る上で不動産会社との仲介契約はとても重要です。最重要ポイントと言っても過言ではありません。あなたにとって不利な仲介契約を結んでしまうと、なかなか家が売れなかったり、値下げをせざるを得ないことになったりするので注意が必要です。

仲介契約には3つの種類があります。「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つです。詳しくは違う記事でお話します。

「専任媒介契約」と「一般媒介契約」はどちらがいい?

3、「買主」を探す

あなたと仲介契約を結んだ不動産会社は買主を探しはじめます。

あなたにとっては「待ち」の段階です。なにもすることがありません。「あなたの家に興味がある、内覧してみたい」という人があらわれるまで、あなたはなにもできません。

不安を感じる期間でもあります。すぐに内覧希望者があらわれることもありますが、なかなか内覧希望者があらわれないこともあります。それでもなにもできません。

ただし、不動産会社が意図的に内覧すらさせないということがあります。あなたにとっては大きな不利益になります。そういったときの対処の仕方についても違う記事でお話します。

大手の不動産会社では「囲い込み」される可能性がグッと高まる?

4、買主から「買いたい」という申込がある

あなたの家を気に入ってくれた人から「買いたい」という申込があります。

「やった!家が売れる!」と喜ぶのはまだ早いです。まだ家が売れると確定したわけではありません。買いたいという申込があっても売れないということはよくある話です。

買いたいという申込書のことを「買付証明書」と呼びます。そこには、いくらで買いたいのか、いつまでに引渡しして欲しいのか、支払い方法はなんなのかについて書かれています。

そこから買主との交渉がはじまります。実際にあなたの家がいくらで売れるのかはこのときの交渉にかかっています。

5、「売買契約」を結ぶ

買主との交渉がまとまったら、いよいよ売買契約を結ぶ段階です。

ここまでくれば、あなたの家はほぼ売れたと考えていいと思います。交渉によって決まった売買価格や、引渡し日、支払い方法などをもとに売買契約書を作成します。

書類などの事務的なことは不動産会社の担当者がサポートしてくれるので、あなたは流れに乗るだけです。

6、家を「引渡し」

最後は、家の引渡しです。

家を買ってくれた買主に失礼がないように、最後にしっかりと家を掃除しておくといいかもしれません。特に住み替えによる家の売却の場合は、引渡しの前に引越しをしているはずです。引越しのときに家にキズがつかなかったかどうかも確認しておきましょう。

以上が、家を売却するときのシンプルな流れです。実際のところはもっと複雑ですが大まかな流れは理解できたのではないでしょうか。

まずやるべきは不動産会社を探すこと

まずやるべきは、不動産会社を探すことです。

不動産会社というとどこを思い浮かべますか?テレビCMをたくさん放映している不動産会社でしょうか?それとも、駅前でよく目にするあの不動産会社でしょうか?はたまた、知り合いが経営している小さな不動産会社でしょうか?

なんだかんだ言ってテレビCMの効果は大きいです。不動産会社といえばテレビCMを放映している大手の不動産会社を思い浮かべる人は多いです。例えば、三井のリハウス、住友不動産、野村不動産などなど。

大手の不動産会社のほうが売却しやすい?

ということは、家を売却するときも大手の不動産会社にお願いしたほうが売れやすいのではないでしょうか?

だって、家を買いたいと思ったら大手の不動産会社に足を運ぶ可能性が高いのではないでしょうか。インターネットで物件情報を調べるときだって、大手の不動産会社からチェックしていく可能性が高いのではないでしょうか。

次回は、大手の不動産会社に家の売却をお願いするのはどうなのかということについてお話します。

次の記事:大手の不動産会社のほうが家・マンションを売却しやすい?

不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいこととは?

家や土地を売るとなると、まずは不動産屋に足を運ぶと思います。

でも、いきなり行ってしまってもいいんでしょうか?



「不動産のことについて何も知らないからプロの不動産屋に売却を任せるんじゃないか!」と思うかもしれません。



でも、本当にそれでいいんでしょうか?



「無知は高くつく」

とよく言われます。



この言葉は、アメリカの100ドル紙幣に描かれている、

ベンジャミン・フランクリンの名言の一節です。



日本で言うなら福沢諭吉みたいな人でしょうか。



ベンジャミン・フランクリンは、

「教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく」

と言いました。



不動産についても同じです。

不動産の場合は取り扱う額が大きい分とくに高くつく傾向があります。



あなたが足を運ぼうとしている不動産屋は本当にあなたの味方なんでしょうか?



不動産屋に行く前に知っておいたほうがいいことをお教えします。